まもなく登場:新作“DIOR BOBBY”バッグ

マリア・グラツィア・キウリが手がけたレザーグッズの最新作、“Dior Bobby (ディオール ボビー)”バッグは、タイムレスなモダニティを象徴するアイテム。その製作過程を紐解くには、卓越した技術を承継し永続させる、メゾンのアトリエがあるイタリアまで足を延ばさなければなりません。

2020 フォール コレクションの発表とともにデビューしたこの新作の名前は、ムッシュ ディオールがこよなく愛した忠実な愛犬にちなんだもの。これまでも数多くのアイコニックなオートクチュール ルックにその名が与えられてきました。「コレクションごとに、成功が約束され、“ボビー”と名付けられたスーツがあります」とメゾンを創設したクチュリエは自身の回想録に記しています。

  • 半月を思わせるフェミニンな曲線美を描くシルエットを持つこのマストハブ バッグは、フロントの“CD”シグネチャーや背面の“30 モンテーニュ”のシグネチャーといったメゾンのコードを纏うことで、このバッグが、メゾンを象徴する名を持つアイコニックな存在であることをさりげなく表現しています。

サイズはスモール、ミディアム、ラージの3サイズ。カラーは、ブラック、ホワイト、キャメル、そしてブルーの4色の“ディオール オブリーク”キャンバスでご用意しました。“ディオール ボビー”は、取り外し可能なショルダーストラップで、ハンドバッグ、ショルダーバッグ、またはクロスボディバッグなど多彩な使い方が可能。ストラップはデザインにより、ボディと合わせたレザー、刺繍仕様のいずれかが付属し、クチュールならではのミックス&マッチを楽しむこともできます。

  • 卓越したデザインは、レザーグッズの製作を担うメゾンの心臓部、フィレンツェでの、職人たちの精緻でこだわり抜いたサヴォワールフェールの結晶があって実現するものです。その質の高さから選ばれたボックスカーフスキンは、ナチュラルで他にはない魅力を醸し出します。きめ細かく洗練されたグレインとシルクのような滑らかな感触は、傷のない素材を厳選したからこそ。

    パターンを用いてカットされたパーツは、その後ひとつひとつ丁寧に縫合されていきます。“30 モンテーニュ”シグネチャーは同系色でレリーフにエンボスされ、手で仕上げられます。

    • バックルの下に隠れたマグネットクラスプの上部は、ムッシュ ディオールのイニシャルで飾られ、丸みのあるフォルムを強調。ディテールに宿るアートにオマージュを捧げるため、仕上がった製品は完璧を極限まで追求するため、細心の注意をもって検査を行います。

    カジュアルかつエレガントな魅力を放つこのバッグは、メゾンのコンテンポラリーの神髄を体現した羨望の的。ヘリテージと創作への情熱がビジュアルに融合した一本です。