ハウス オブ ディオール ギンザ

  • 白を基調としてモダンな調度をシームレスに配した内装は、世界中のディオール ブティックを手がける 建築家ピーター・マリノによるもの。天井高7メートルの吹き抜けが印象的な1階の空間とともに、レザーグッズ、アクセサリー、ファインジュエリーと時計のコレクションが訪れる方々をお迎えします。

    館内はさらにウィメンズのプレタポルテ、ホームコレクションである「ディオール メゾン」、「ディオール オム」、さらにVIPサロンも設けられています。 

    ハウス オブ ディオール ギンザ
    住所:東京都中央区銀座6-10−1
    営業時間:12:00~20:00

B1F ディオール メン

  • 地下1階は広々とした空間を贅沢に使い、クリス・ヴァン・アッシュが手がけるウエア、シューズ、レザーグッズ、アクセサリーなどを充実。スーツやシャツのセミオーダーができる「ドゥミ・ムジュール」サービスも提供しています。

1F ウィメンズ

  • 天井高7メートルの吹き抜けが印象的な1階の空間とともに、レザーグッズ、アクセサリー、ファインジュエリーと時計のコレクションが訪れる方々をお迎えします。ベルギー産のライムストーンとブラックのカボションが輪郭を描くように配された床がカーペットのように伸び、壁面にタリク・キスワンソン(Tarick Kiswanson)のアートピースが飾られた階上のシューズフロアへと導きます。

2F -3F ウィメンズ

  • 2Fはシューズシューズフロア、そして3階はウィメンズ プレタポルテのフロアとなっており、アーティスティック ディレクター、マリア・グラツィア・キウリ(Maria Grazia Chiuri)が手掛けるコレクションピースからデイリーウエアまで最新のラインナップが揃っています。

4F ディオール メゾン

  • 「ハウス オブ ディオール ギンザ」のみでご覧いただける日本初上陸のホームコレクション「ディオール メゾン」。 Dior MAISONが提供するさまざまなアイテムの中には、クチュールらしいゴールドのステッチ風装飾が施されたクリスタルグラスのコレクション、手刺繍が施されたホームリネンほか、メゾンのコードをモチーフに取り入れたキャンドルホルダーやトレイ、ディオール オムの世界観からインスピレーションを得たデスクトレイ、トランプやノートブックといったステーショナリー、日本の有田焼などが揃っています。