2020 クルーズ コレクション キャンペーン

写真でキャンペーンを見る

多彩なシグネチャー

  • カムフラージュモチーフ、ワックス– Uniwax工房****とのコラボレーションによりトワル ドゥ ジュイを斬新に再解釈し、多様性と自由を表現した生地–、レース、ジャカード織のカシミヤ、ヘザー、シルク、シャンタン、さらにはエンブロイダリーが、サンドカラー、インディゴブルーや灼熱のレッドオークルに彩られて詩情と調和し、身体と装飾が融合するように見えます。永遠性のシンボルである生命の樹、バオバブが体現する自然の力にインスピレーションを得て、これらのクリエイションがあらゆる可能性に開かれた共通の土台を描き出します。

    アイコンの再解釈

    • メゾンの傑出した象徴、「バー」スーツは、ワックスで再解釈され、特別エディション“Christian Dior – Uniwax”として、ディオールとアフリカの空想世界を表現したエレガントな背景に呼応。繊細なリバーシブルのボブハットは「ディオール オブリーク」キャンバスを纏ってコンテンポラリーな気品を完成させ、「30 モンテーニュ」バッグはデニムのコンビネゾンのバックに大胆に登場しています。

      ブリジット・ニーデルマイルの独自の視点がディオールのアイコンの永遠性と驚くほどの現代性をこれまで以上に燦然と輝かせています。

    *フェミニストで哲学者のナオミ・ザックの表現より。 

    **このキャンペーンのアーティスティック ディレクターも担当。

    ***このコレクションのために、マリア・グラツィア・キウリはジャマイカ出身のイギリス人クリエイター、グレース・ウェールズ・ボナー、アフリカ系アメリカ人アーティストのミッカリン・トーマス、モロッコの女性職人集団スマノ、そしてブルキナファソンのクチュリエ、パテオの招聘を希望。それぞれが限定ピースを手がけました。

    ****人類学者のアンヌ・グロフィレイとともに、マリア・グラツィア・キウリは(コートジボワールにある)Uniwax工場&工房とのコラボレーションにより、特別エディションのワックスを手がけました。100%アフリカ製でトレーサビリティを実現しています。