コレクション

マリア・グラツィア・キウリは、イタリアの街レッチェで2021年クルーズ コレクションのショーを行いました。彼女にとって思い入れのある街で行われたこのショーは、非常に印象的なスペクタクルとなりました。アートやクラフトのマジカルな美しさをテーマにしたこのショーが行われたのは、マリネッラ・セナトーレが照明を手掛ける、閉ざされた空間。ラ・ノッテ・デッラ・タランタ財団によるカタルティックなリズムに合わせて、シャロン・エイアルによって振り付けられたダンスが披露され、パオロ・ブオンヴィーノの学究的な音楽が、このすばらしい空間をさらに魅力的に引き立てます。この地方のサヴォワールフェールへの繊細な賛辞を感じさせるディオールのシルエットは、コンスタンティーネ財団のワークショップのモットー「Amando e Cantando」(アマンド・エ・カンタンド)* ―エクセレンスの名のもとに紡がれる卓抜したダイアローグ―を体現しています。アーティストのピエトロ・ルッフォは、Christian Diorを象徴する1949年に作られた“Miss Dior(ミス ディオール)”に着想を得て、夏の風景を思い起こさせる、小麦の穂で覆われた草原のイメージを描きました。あるがままの自然の描写は、シャツ、ショートパンツに取り入れられています。マリレーナ・スパラーシが手掛けた貴重な伝統的刺繍トンボロで飾った、ジュエリーのように洗練されたドレス。あしらわれたフラワーやパピヨンは美しいアクセントとなっています。これらはプーリアの豊かな文化遺産を象徴するものであり、私たちに無限のインスピレーションを与えてくれます。

*「Amando e Cantando」は、「愛し、歌う」を意味します。